男のフィンランド生活

フィンランド生活の実践から役立ちそうな情報を発信

[作り方]フィンランドのクリスマスハム(ヨウルキンック)が意外なものにめっちゃ合う件

ブックマーク・シェアする!

ヨウルキンック(Joulukinkku)

 

ヨウルキンックとは

英語にするとクリスマスハム。フィンランドでクリスマスに食べる定番のハムです。

10kgくらいの巨大な塊肉をまるごとオーブンで調理します。

他の北欧諸国でも同じようなものが食べられてるらしい。(ソースはウィキペディア)

 

妻の実家ではクリスマスにマッシュポテトビーツのピクルスなどと一緒に食べます。

フィンランドでのjoulukinkkuの食べ方一例

 

作り方

冷凍で売られてるものは調理前に解凍します。

パッケージの説明では冷蔵庫で3日かけて解凍するそう。

私たちが今回買ったのは比較的小さい3キロのハムなので、10キロオーバーものは解凍も加熱調理もさらに時間がかかります。

冷凍状態のjoulukinkku

 

冷蔵庫で3日はさすがにじれったかったので、シンクに水を貯めて1晩置いておきました。

内部温度が10℃くらいになったらいい感じに解凍されてます。

水に漬けて解凍

 

解凍したハムを100〜125℃のオーブンで焼きます。

時間は1キロあたり1時間が目安だそう。

オーブンでハムを焼く

 

オーブンで焼く際に、水を入れた耐熱皿も一緒に入れましょう。

水を入れた皿

 

中心温度が72〜77℃になれば完成です。

中まで火が通ったので完成

 


Joulukinkku クリスマスハムを焼いてラーメンに乗せたら絶品だった。

 

ラーメンにのせてみた

ラーメンのトッピングとして

ジューシーな塩味が染み込んだクリスマスハムがきっとラーメンに合うだろうと

初めて食べたときからずっと思っていました。

一昨年のクリスマスにはクリスマスハムを自分たちで焼かなかったので試せませんでしたが、去年やっと試せました。

 

予想通りめっちゃ美味しかったです。

パサつきがなくジューシーで日本で馴染みのあるチャーシューよりも私はこっちのほうが好きかもしれません。

かなりクリスマスハムの味にハマったのでクリスマス以外でもスーパーで見かけたら迷わず購入してます。

 

ちなみにまだタンペレで美味しい麺を見つけていないので、写真のラーメンは重曹で茹でたパスタで作っています。

  

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ