男のフィンランド生活

フィンランド生活の実践から役立ちそうな情報を発信

【フィンランド】ヘルシンキ - タンペレ間の電車移動【チケットの買い方・乗り方】

ブックマーク・シェアする!

フィンランドの鉄道会社VRの車両

今回はフィンランド国内を走る電車の使い方について解説します。

 

私は現在フィンランドのタンペレという街に住んでいます。

フィンランド第2の都市といわれるタンペレですが

近年ムーミン博物館がリニューアルオープンしたり、パブリックサウナの充実した都市(30以上のパブリックサウナがあるらしい)としてプロモーションを行っていて注目されつつあります。

今年も特に夏には多くの日本人観光客をムーミン博物館近辺で見かけました。

 

しかしタンペレに住んでいる身としてはもっとタンペレに来てほしい、知ってほしい!

ということで、ヘルシンキからタンペレまでのポピュラーな移動方法の1つ

電車での移動について紹介します。

 

 

フィンランドの電車

フィンランドにはVRグループという鉄道会社があります。

日本とは規格が違うのか車体がめっちゃデカくて車内の幅が広いです。

ヘルシンキからタンペレまでの180kmの距離も2時間で着きます。

 

電車移動が向いてる人 

フィンランドで電車移動が向いている人は以下のような人です。

  • 多少高くても快適な旅をしたい人
  • 1人旅などで乗り換え等もろもろが不安な人

 

電車での都市間の移動は長距離バスなどと比べると高めです。

例えば電車だと20~40ユーロかかるタンペレ - ヘルシンキ間も

安いことで有名なOnniBusだと5~10ユーロほどで移動できます。

  

ただ電車での移動はバスに比べてめっちゃ快適です。

バスも悪くは無いのですが、電車では足も伸ばせるし揺れも少ないです。

その点、チケット代が多少高くても快適な旅をしたい人にはおすすめです。

 

また経験では長距離バスに比べて電車の方が乗り場、乗り換え地点が断然分かり易いです。

フィンランドに初めて来た頃に何度か長距離バスを利用しましたが

乗り場がいまいち分かりづらかったり、乗り換えについてのフィンランド語での車内アナウンスだったり

それなりにめんどくさかった記憶があります。

 

フィンランド語を話せなかった頃のことなの特に強く記憶に残っているのかもしれませんが・・・

まあそれを差し引いても電車の方が楽なのは変わりないので

旅に不慣れな人や1人旅で不安を少しでも減らしたい人にも電車での移動がおすすめです。

 

車内設備

フィンランドの鉄道の車内

座席付近には荷物棚上着掛けコンセントが備わっているので

手荷物を大幅に減らせて、スマホの充電もできます。

またWi-Fiもあるので旅行中でもネットを使えます。

 

大型のスーツケースを置く荷物置き場

座席エリア外、乗り込み口付近の通路にあることが多いです。

 

そのほかには食堂車トイレなどが備わっています。

 

ベビーカー、ペット、自転車など 

ベビーカーはそのまま乗り込めるようです。

 

ペット自転車はCommuter(通勤)では無料、

Long Distance(長距離)だとチケットを買う際に5ユーロ追加で支払いが必要らしいです。 

 

CommuterとLong Distanceの区分がいまいちわからないのですが

おそらく、ヘルシンキ- タンペレ間のように席を指定して買う場合にはLong Distanceという区分になると思います。

 

チケットの買い方

オンラインまたは駅の券売機でチケットを購入することができます。

 オンライン

フィンランドの鉄道会社であるVRグループのサイトで購入できます。

嬉しいことにこのサイトは英語にも対応しています。

VR train tickets | Search timetables and buy tickets - VR - VR

 

以下で購入例を紹介します。

※購入例では適当に目的地を入力してみただけなので、今回実際に使ったチケットの目的地とは異なります。ご了承ください。

 

オンラインでフィンランドの列車のチケットを買う方法

VRグループのサイトへ入ったら目的地日程人数等を入力します。

目的地や日程に合った検索結果が表示される

日程に合わせて様々なオプションが表示されるので

自分に合う料金や時間帯のものを選びます。

 

座席のアップグレードオプション

さらに次のページでは座席のアップグレードや座席の場所を選べます。

SELECT SEATSというリンクを押すと・・・

 

車内の見取り図から座席を選べる

車両の見取り図から座席の位置を選べます。

飛行機のチェックインのときに選ぶアレに似てますね。

 

トイレや荷物置き場の位置を確認して座席を決めれるので言い知れぬ安心感があります。

2人用または4人用の個室もあるので家族やグループで個室を独占できた場合は格段に快適になります。

 

ペット同伴や自転車持ち込みのオプション

またこのページで自転車の持ち込みペットの同伴についてのオプションも選択できます。
 

オンラインでのカードの支払いオプション

全て選んだら、あとはカードで支払いを完了するだけです。

 

 

 

 

電車の乗り方

駅の電光掲示板

 駅へ行き、電光掲示板でどのプラットホームに電車が来るのかを確認します。

 

電光掲示板でプラットホームを確認

今回乗る電車、IC 12121番プラットホームに来るようなのでそちらに向かいます。

改札はありません。

 

フィンランドの列車のチケット

プラットホームで電車が来るのを待ち、乗るべき電車が着いたら乗り込みます。

今回乗る電車の車両番号はIC 1212、座席は5両目14番シートです。

 

車両のドア横にある電光掲示板で何両目なのかを確認できます。

ドア横にある電光掲示板で何両目なのか確認できる

 

電車が動き出してから係の人がチケットの確認に来ます。

係の人が来たら、紙またはスマホのチケットのQRコードを見せて

ピッってやってもらって確認は終わりです。

 

あとは乗り換えがなければ目的地までゆっくりできます。