男のフィンランド生活

フィンランド生活の実践から役立ちそうな情報を発信

カフェ紹介 ② [フィンランド] ペッラスカフェ: PELLA'S CAFE

ブックマーク・シェアする!

PELLA'S CAFEの外観

世界でも有数のコーヒー消費国フィンランド。

朝起きてコーヒーを飲み職場でコーヒーを飲み家に帰ってもコーヒーを飲むという毎日を過ごしてる人も珍しくありません。

そんなフィンランド第2の都市、タンペレにも多くの個性的なカフェがあります。

 

この記事ではタンペレ在住中の筆者がタンペレのカフェを開拓しながら紹介していきます。 (カフェを選ぶ基準はもちろん適当です)

 

 

 

前回はタンペレで最も有名なドーナツカフェを紹介しましたが、今回も『知る人ぞ知るカフェ』ではなく普通に人気店です。

前回の記事はこちら↓

www.otokosuomi.com

 

 ペッラスカフェ: PELLA'S CAFE

PELLA'S CAFEの外観


今回紹介するのはこちらペッラスカフェ: PELLA'S CAFE

猫のマークが可愛いカフェです。

駅から大通りを真っ直ぐ5分ほど歩くだけでたどり着けます。 

Pellas.fi      <-- カフェのホームページ

 

 

大通りに面していて駅からも近いので店内外どちらも賑やかです。

日当たりもめっちゃ良いので

PELLA'S CAFE 店内の様子

 

グルテンフリーに力を入れる店

ケーキの種類多めな方だと思います。そして高いです。

私が行くカフェの中ではこのくらいの料金は最も高い部類です。

場所が良いし人気の店なのでしょうがないっちゃしょうがないです。

PELLA'S CAFE ショーケースに並ぶケーキ

 

ホームページの情報によるとグルテンフリー製品に力を入れているらしいです。

帰宅してから写真を拡大するとグルテンフリー、ビーガン向けのケーキも確かに陳列されてたことに気づきました。

個人的にはグルテン動物由来の製品大歓迎なので全く気にせず選んでいました。

f:id:Kaleva:20181102034805j:plain

 

実際に味わってみた

私はコーヒーバターの菓子パンを、妻はココアミントのケーキを頼みました。

ケーキは普通に美味しかったです。

 

菓子パンの真ん中に乗ってた砂糖の食感がジャリジャリで

「あれ?これで正しいのかな?」って感じでした。でもおいしかったです。

料金はだいたい...コーヒー:3ユーロ、菓子パン:3ユーロ、ココア:3.5ユーロ、ケーキ:7ユーロくらいでした。

コーヒー、菓子パン、ココア
ミントのケーキ

 

今回試しませんでしたが実はブランチランチもやっているらしいです。

 

またコーヒーを頼むと自動で小さいチョコがついてきます。 

コーヒーやココアを頼むとチョコがついてくる

 

店内の雰囲気

店内とても日当たりがいいです。

いつも外から見ると気合入れた服の人たちが座ってる印象でしたが

店内に入るとやっぱりいつもどおりのフィンランドのカフェで、カジュアルな雰囲気に感じます。

友人同士で会話する人、PC開いて仕事っぽいことをする人、インタビューをする人などそれぞれ自由なカフェの使い方をしていました。

 

人の入りは良かったのですが店内が意外に広いこともあり、ある程度は席を選んで座れるくらい余裕がありました。

平日の15時に行ったのでギリギリ混む時間の前だったのもあるかもしれません。

PELLA'S CAFE 店内の様子

  

まとめ

個人的には、扱っているスイーツ系がシンプルでももう少しリーズナブルな料金のカフェの方が好みですが

ケーキの種類も多いですしビーガン、グルテンフリーなども多く扱ってるらしいので

いろいろと選びたいって人にはおすすめのカフェです。